So-net無料ブログ作成
検索選択

日医連の参院選対応、結論持ち越し(医療介護CBニュース)

 日本医師連盟(日医連)は4月20日に開いた執行委員会で、今年夏の参院選比例代表で推薦する候補について議論したものの、結論には至らなかった。今後、各都道府県医師連盟の意見を集約した上で、月末にも開かれる同委員会で最終決定することになった。

 日医連では昨年1月、自民党の西島英利氏の推薦を機関決定している。しかし、その後の政治状況の変化などにより、改めて対応を協議することになった。
 日医会長でもある原中勝征委員長は、会長選に向けた選挙活動の中で、政権与党である民主党とのパイプの太さを強調。会長に就任すれば西島氏の推薦を取りやめるよう提案する考えを示していた。

 同委員会後の記者会見で原中委員長は、「状況が変わった中で、会員の先生方がどういう考えを持っているのか。再度各県に持ち帰った上で、もう一度集まって決定することになった」と説明。同委員会では「一度決めたものを変えるのは難しい」「(原中)会長の意見を尊重すべき」などさまざまな意見が出たという。

 西島氏の推薦を撤回する考えが変わっていないかを尋ねられた原中委員長は、「できれば民主党の人たちとこのままいい関係が続けばいいと思っている」と述べた。また、「政権政党でなければわれわれの意見が通らないということは確か」と述べ、この日の執行委員会では民主党を支持すべきとは明言しないながらも、政権政党と結び付く必要性を強調したことを明らかにした。

 さらに、「これだけ(参院選の)日にちが迫ってくると、組織内で(新たに候補を)出すのは不可能」と指摘した上で、日医会員が推薦を依頼してきたときには、できるだけ多くの人に認めたいとの意向を示した。その場合、「どちらかというと民主党が多くなる可能性はある」と述べた。

 各都道府県医師連盟の意見を集めた結果、多数意見に従うか、最終的に委員長として判断するかを聞かれた原中委員長は、「(先の会長選の)投票数が3分の1だからどうなるか分からない」とする一方、「政治活動がうまくいかなくても、医師会としてきちんと物を言っていけばいいと思う。医師連盟の活動イコールわたしの運命だと思わないでほしい」と語った。


【関連記事】
「会員の声聞く医師会に」原中新会長が所信表明
政権交代後初の日医会長選、原中氏が勝利
「民主党に物が言えるのは私だけ」−日医会長選、原中候補が主張
日医会長選、茨城・原中会長がマニフェスト発表
日医連、「政権与党である自民党」支持方針を撤回

名古屋市議会、市民税10%減税恒久化案否決(読売新聞)
男児ポルノビジネス摘発…報酬で小中高生誘う(読売新聞)
大阪人、水炊きはやっぱりコンブだし 100人アンケートで裏付け(産経新聞)
5人殺傷、容疑者のネット解約翌日だった(読売新聞)
<グループホーム>6割がスプリンクラー未設置(毎日新聞)

<平野官房長官>仙谷氏を批判 衆参同日選発言(毎日新聞)

 平野博文官房長官は19日午前の記者会見で、仙谷由人国家戦略担当相が鳩山由紀夫首相退陣後の衆参同日選の可能性に言及したことに関連して「閣僚でも同日選とかいろいろ言っているがまったく論外だ。閣僚が首相の専権事項に触れることはあり得ない」と強く批判した。平野氏は「個人として言っても閣僚の立場があり、混同する」とも指摘した。

 仙谷氏は16日のTBSの番組収録で「もういっぺん(昨夏の衆院選から)1年で申し訳ないけどということで(衆参)ダブルを問うということは論理的にある」と述べた。【坂口裕彦】

【関連ニュース
普天間:徳之島移設案を民主党鹿児島県連に伝達へ 政府
普天間移設:県外移設の検討 平野長官も明言
平野官房長官:「安定多数を」発言紹介を修正
与謝野・平沼新党:民主、「第三極」を警戒
普天間移設:「県外に」沖縄知事が要求…官房長官と会談

「あらゆる可能性オープン」舛添氏、新党に含み(読売新聞)
かわいすぎる海女、「べっぴんの湯」コスメPR(産経新聞)
ローマ、モスクワ発便を再開=4日ぶり成田行き−日航(時事通信)
内閣支持率3割切る フジテレビ世論調査(産経新聞)
福岡の英会話学校米人、わいせつ容疑4度目逮捕(読売新聞)

<小林市長選>元副市長の肥後氏が初当選 宮崎(毎日新聞)

 小林市長(宮崎県)元副市長の肥後正弘氏(64)が初当選。元参院議員の小斉平敏文氏(60)▽元建設会社社長の鮫島憲明氏(60)を破る。投票率は66.59%。

 確定得票数は次の通り。

当13207 肥後 正弘=無新<1>

  8662 小斉平敏文=無新

  4509 鮫島 憲明=無新

岡部まり氏「国民の秘書になる」…正式に参院選出馬表明(スポーツ報知)
<赤松農相>野菜出荷前倒し、生産者に要請へ(毎日新聞)
「強盗」演じ、復縁図る=私立大生の男2人逮捕−大阪府警(時事通信)
<火災>ゴルフスイングで火花? ゴルフ場の芝焼ける 宮城(毎日新聞)
福岡の英会話学校米人、わいせつ容疑4度目逮捕(読売新聞)

小泉ジュニア、父親の郵政改革巡り亀井氏と火花(読売新聞)

 小泉元首相の次男、進次郎衆院議員が6日の衆院財務金融委員会で、父親の進めた郵政民営化を巡り、見直しを目指す亀井郵政改革相と火花を散らした。

 小泉氏は質問で、「真に郵政事業はどうあるべきか、それを考えるべきだ」と切り込んだ。そのうえで、亀井氏率いる国民新党の支持率低迷に触れ、「支持率のない政党が国の制度の大きな変更を強行している」と批判した。

 かつて自民党に所属した亀井氏は郵政民営化問題で元首相と対立、離党に追い込まれた因縁があるだけに、「あなたのお父さんがおやりになったところに帰っていったって何もいいことはない」と突き放した。

 ただ、委員会終了後は記者団に対し、「おやじ譲りだな」と小泉氏の歯切れのよい質問ぶりに感心してみせた。

4都県警と鉄道会社連携=15日から痴漢対策強化期間−警察庁(時事通信)
<詐欺容疑>神奈川県元職員2人逮捕 4千万円を私的流用(毎日新聞)
両陛下、神奈川の保安林視察(時事通信)
日中首脳会談でガス田議論=首相(時事通信)
<小児脳死>「24時間空け判定」 厚労省研究班が基準案(毎日新聞)

<鳩山首相>小沢幹事長、稲盛氏と会食 政権運営など協議か(毎日新聞)

<空自談合>初の改善措置要求 公取委(毎日新聞)

 航空自衛隊の事務用品発注を巡る談合で公正取引委員会は30日、調達担当部署の歴代課長ら計10人が、天下りOBの受け入れ業者優遇のため組織ぐるみで談合を主導していたと認定し、官製談合防止法に基づく改善措置要求を北沢俊美防衛相に出した。談合した「イトーキ」(大阪市)、「内田洋行」(東京都中央区)など5社には独占禁止法違反(不当な取引制限)で計約3億7516万円の課徴金納付を命令。防衛省関連の談合摘発は99年以降5件目で、改善措置要求は初めて。

 公取委は会計検査院に通知し、検査院は空自の調達を検査する方針を固めた。事務用品などの調達に毎年十数億円規模の余った予算を充てており、費目外使用など不正経理と認定される事実がないか調べるとみられる。

 公取委によると、物品調達担当の空自第1補給処の資材計画課長は05〜08年度、上司の了解の下、OBの受け入れ状況などに応じて業者ごとに調達目標額を定め、部下に指示。事務用品発注担当の需品班と基地器材班は、入札ごとに受注させたい業者に意向を示して談合させていた。【苅田伸宏、樋岡徹也、堀智行】

【関連ニュース
防衛省:前連隊長発言を擁護 陸自3佐を処分 1尉も指導
空自官製談合:空幕長が「悪意なし」発言 会見後に訂正
空自官製談合:防衛相「絵に描いたよう。びっくり」
準強姦未遂容疑:防衛大学生3人を逮捕 自衛隊・警務隊
埼玉県警商標権侵害:防衛省が警察庁に再発防止を要請

田園調布駅で扉開け忘れ(産経新聞)
JR歴代3社長起訴めぐり指定弁護士を推薦(産経新聞)
自民党執行部に意見を言う会合、舛添氏ら欠席(産経新聞)
「僕が仲裁に」橋下知事、虐待通報呼びかけ(読売新聞)
郵政改革 亀井担当相の案で決着 預け入れ限度額引き上げ(毎日新聞)

「宝物探しに行こう」 小5長男に見張りさせゴルフ場荒らし (産経新聞)

 「宝物探しに行こう」などと小学5年の長男(11)を誘い、見張り役をさせてゴルフ場荒らしを重ねていた男が、兵庫県警に窃盗容疑などで逮捕されていたことが29日、捜査関係者への取材でわかった。被害は兵庫と大阪京都の3府県で104件、約1千万円相当に上り、県警はこのうち44件を裏付け、30日にも追送検する。

 逮捕されたのは、大阪府豊中市の無職、北村昭被告(39)=公判中。

 捜査関係者によると、北村被告は、昨年8月〜10月、バールで窓をこじ開けるなどの手口で主にゴルフ場管理棟事務所に侵入、ゴルフクラブやボールなどを盗んだ疑いが持たれている。

 また北村被告は昨年夏、「宝物探し」のほか、「カブトムシ捕り」や「お化け屋敷へ行こう」と偽って深夜に車で長男を犯行現場まで連れていき、見張り役などをさせていた。

 北村被告は、昨年10月、同県西宮市内で自動販売機荒らしをしようとしたところを県警に現行犯逮捕され、余罪が判明した。

【関連記事】
父、長男、次男で2年間万引生活
「13歳なら逮捕されない」と後輩使ってひったくり 男子中学生2人を逮捕
小5長男に見張りさせゴルフ場荒らし 無職の父逮捕
会社ぐるみで泥棒? 容疑の9人摘発 札幌 
空き巣師弟お縄…70歳ベテランがテク伝授

外相、28日から米・カナダ訪問=普天間移設、検討状況説明へ(時事通信)
国民新党が敏いとう氏擁立(産経新聞)
首相官邸の「KYカップル」? (時事通信)
一括交付金「総論賛成・各論反対」省庁が大合唱(読売新聞)
首相、普天間問題「県外移設の道筋を考えたい」(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。